わがままミニマルライフ

実家暮らしのミニマリスト。発達障害(ADHD、学習障害)ありでも、工夫してストレスフリーに生きていこう!

【仕事の時の対策】発達障害

どーも、アリアです。

 

 

aria-minimum.hatenadiary.jp

aria-minimum.hatenadiary.jp

aria-minimum.hatenadiary.jp

 

過去の記事で発達障害について書いてきました。

そこで、発達障害が発覚してから、実際に対策について考えてみました。

 

私はADHD学習障害(算数)、軽度の知的障害と診断されました。

 

検査の結果の紙をもらった際、対策についても記載がありました。

(病院によって色々だと思いますので、どこの病院でも同じように紙でもらえるわけではないかもしれません。)

 

【対策】

①指示は簡潔に繰り返してもらうこと。

②自分がどこまで理解しているかを伝え、進捗状況を理解してもらうこと。

③出来るだけ並行作業は避けて一つずつこなしていくこと。

 

以上のことが書いてありました。

まさに、私の取り扱い説明書!

そうそう、これを求めてたという感じです。

もらって良かったです。

 

対策について、実際に私が仕事をする上での困り事とつながっています。

 

まず、①ですが、私は話が長くなると大事な情報をピックアップできない自覚がありました。

そのため、仕事の指示が長い話になると、結局私は今から何をすれば良いのかわからなくなることがあります。

〇〇を〇〇してください。のような簡潔な指示の方がありがたいです。

そんな簡単に説明がつくような仕事ばかりではないからこそ大変なんですけどね。

 

②について。

いつまでに仕事が仕上がるのか予想がしにくいことがあります。納期に追われる仕事でもあるので、マメに伝えて進捗を把握しといてもらうということはとても大事です。間に合うと思ったけど、実際は間に合わない。のような状況をさけることができます。

さらに、そもそも理解が間違っていないように確認することも大事です。ここが間違っていると仕事がすべてパァになります。

 

③について。

同時にいくつかのことをやらなければいけないことって、仕事をする上では日常茶飯事ですよね。こういう時、私は優先順位がわからなくなります。

そして、自分のやりたいことからやり始めます。

仕事が間に合えばそれでもいいことにはなるかもしれないですが、たまたまそれで良かっただけの話。

実はこっちを先にしておけばよかった等、効率の悪いことに繋がりますし、同時に言われることにより混乱することも多々あるので、自分の中での混乱を防ぐことも出来ます。

 

それでも、実際に発達障害だと私自身がわかっても、人に発達障害を伝えることは難しいです。

 

偏見があるかもしれない&私を見る目が変わるかもしれない不安もありますが、それよりも、そもそも理解してもらえない。そもそも、発達障害という言葉を知らない場合、理解のしてもらいようがないからです。

 

発達障害はこういうものです。と大体の情報はネットでも調べればたくさんありますが、個人差があり、困り事も人それぞれです。

 

発達障害があります。」とだけ伝えても、大きな改善には繋がらないかもしれないので、今回もらった検査結果で、対策方法をあげてくださっているのはとても助かりました。

 

私は会社には特に伝えていませんが、自分なりに工夫しつつ仕事をしているような状況です。

 

会社が理解して受け入れてくれるような雰囲気の職場であれば、伝えてみるのも一つの方法ではありますが、私はあえて発達障害であることは伝えていません。

 

ですが、仕事の指示をもらったとき、ちゃんと私の理解が合っているかどうか確認してから仕事を進めるように意識しています。

 

発達障害であることは伝えていませんが、自分自信が発達障害であることを受け入れ、より仕事がしやすくなるように日々工夫を重ねているところです。

 

そんな私でも、正社員として今の職場でもうすぐ3年になります。

どう頑張っても理解できないことも多く、それでもすぐに辞めるということをしたくなくて、とりあえず3年は働く!を目標に仕事をしてきた。

まだ、辞める予定はありませんが、このままずっと続けるつもりもありません。

 

無理はしない。とは決めていますが、だからと言って障害を理由にいろんなことをできない理由にはしたくありません。

(できないことをできると無理することは時に迷惑をかけることでもあるので、そこは気をつけています。)

 

自分の中での言い訳はせずに、それでも無理なく、できる範囲の事を頑張りたいです。

 

私はミニマリストで、必要最小限での生活を理想としています。

それなら、いろんな事を無理せずに生きていけるんじゃないかな。

モノだけじゃなく、人間関係も必要最小限でいいと思っています。

 

そうすれば、負担が少なくなって楽に感じられることもあると実感しています。

 

 

aria-minimum.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【発達障害】心療内科での診断結果

 

 

どーも、アリアです。

 

心療内科での診断結果についてです。

 

検査後、心理士の方と、検査を受けてみてどうだったかという話をし、「これまでの人生でだいぶ苦労してきただろうなってわかる数値です。」と言われました。

 

これを聞いて、「ああ、まだ診察は受けてないけど、発達障害なんだろうな」と思った記憶があります。

それと同時に「いろんなことが出来なかったのは、私が怠けているわけでも努力不足でもなかったんだ」とちょっとホッとしました。

(これは発達障害とはっきり診断された人はよく言いますよね。その意味がわかりました。)

 

そして、後日。

また医師とお話ししました。

「本当はご両親に子どもの頃の話を聞いたりしないといけないんだけど、発達障害と言えます」とここではっきり言われました。

 

この時、発達障害には種類があることを知っていたため「私は発達障害と言ってもどの種類のものになりますか?」と聞きましたが、「発達障害を障害としてとらえるのではなくて個性として捉えましょう」と言われ、詳しく教えてもらえませんでした。

 

とりあえず、検査代とは別の料金(2100円)を払って検査の結果を紙でもらったので、そこから私の検査結果についてみていきます。

 

前回の記事でWAIS-Ⅲは、大きく分けて4種類の能力のIQを検査すると書きました。

 

 

aria-minimum.hatenadiary.jp

 

aria-minimum.hatenadiary.jp

 

その4種類とは、

言語理解、作動記憶、知覚統合、処理水準のことであり、それが下記の結果です。

 

f:id:aria-minimum:20181204221346j:image

 

平均は100のところ私はどれも80前後しかありません。

そして、全IQが74となっています。

 

もう少し細かく、中身を見ていきます。

平均10のところ、かろうじて行列推理というものは10ありますが、絵画配列に至っては2となっています。

 

f:id:aria-minimum:20181204221746j:image

 

私はどれもが80程度しかないので全て平均より低いことがわかりますが、それぞれ低いとどうなのかみていきます。

 

言語理解…言葉の理解や扱いが苦手。

例)会話についていけない。自分の気持ちをうまく話せない。

 

作動記憶…耳で聞いたことを忘れやすい。

例)聞き間違いが多い。人の名前をすぐ忘れる。

 

知覚統合…情報を頭の中でまとめることが苦手。

例)地図やグラフが読めない。要約ができない。

 

処理水準…目で見た情報を早く正確に処理できない。

例)仕事のペースが遅い。単純作業で間違える。

 

え!まさに私やん!と思いました。

 

得意不得意のデコボコも目立ちますが、そもそも総合的に能力が低いことがわかります。

(得意という飛び抜けたものが少ないように感じました。)

 

一応、数値でみると、IQ70以下が知的障害の扱いとなるため、IQ74の私は知的障害と健常者のボーダー(グレーゾーン)ということになります。

 

上記の結果意外にも、私自身の得意不得意について文章で説明が記載してありましたので下記にまとめておきます。

 

・書く作業はゆっくりで、単純作業では遅れをとるかも。
・情報をピックアップすることが苦手で、周囲の状況を把握しきれないことがあるため、臨機応変な対応に迷うことがある。
・耳からの情報に弱く記憶が抜けやすい。一度にたくさんのことを言われると混乱する。

 

【対人関係】

・質問の意味を取り違えることがあり、相手の意図を汲み取ることは苦手かもしれない。

 

【注意・集中】

・簡単な問題で間違いあり。注意力を必要とすることは苦手かもしれない。

 

【適応状況と今後の課題】

・パターンを予想することは通常の力があるが、周囲の状況を読み取ることが苦手で、新しい場面や変化に対応することが難しい。

 

単純作業ならできる、と思っていただけに新しい発見でもありました。

仕事柄、書く作業も多いです。

しかし、人より仕事が遅い自覚はありました。

(特に指摘をされたことはありませんが、気にしていることではありました。)

 

やはり、検査を受けて良かったと思いました。

こうやって、数値で表してもらったり苦手なことをまとめて貰えるとわかりやすいです。

 

今でもたまに検査の結果を見返したりし、意識しながら過ごすようにしています。

 

これで発達障害ということがはっきりしました。

結果がわかり、実際にどうすれば良いのか考え、対策等についてはまた別の記事で書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が発達障害の診断を受けるまで(後編)

どーも、アリアです。

 

さて、前回の私が発達障害の診断を受けるまで(前編)の続き。

 

aria-minimum.hatenadiary.jp

 

私が発達障害の診断を受けるまで(後編)です。

 

発達障害かもと疑い始めてからたくさん本も読んで自分なりに調べました。

 

参考にした本がこちら。

 

発達障害 (文春新書)

発達障害 (文春新書)

 

 

とりあえず発達障害と名前のつく本を色々読んでみることにし、まず手に取った本です。

 

他にも

 

女性の発達障害に特化した感じが気になり手にした本です。

 

このように知識を入れれば入れるほど発達障害のことが頭から離れなくなりました。笑

 

気になると他のことが手につかなくなってしまうので、自分のためにも検査を受けてみるべきだと確信します。

 

自分の困り事から発達障害にたどり着いた私は

心療内科の予約を取り、心療内科にてまずは先生と話をしました。

 

私はいきなり「私、発達障害かも」と言ったわけではなく、仕事での困り事を話すことから始めました。

 

そして、幼い頃の様子や家族の話等を一通り聞かれ(ここまで多分30分くらい話した)「もしかしたら得意不得意の差が大きいかもしれないから検査をしましょう」ということになりました。

 

この、得意不得意の差が大きいというのが

発達障害のことですね。

つまり、こうして私の今の状況、過去を話した上で発達障害の検査をすることになりました。

 

検査自体に2.3時間かかるとのことで、ここからさらに別日に予約を取ることになりました。

 

私が行った病院は、検査を二日間に分けて行うところだったので、二日間分予約をとって帰りました。

 

そして、検査当日。

 

検査には

ウェクスラー知能検査

「WAIS-Ⅲ」(ウェイススリーと読みます。)と言われるもの。

いわゆる「IQ」をはかるための検査。

「IQ」とは、「同世代の集団においてどの程度の発達レベルか」を表した数値です。平均値=「IQ100」と決まっていて、同世代平均に比べて点数が高ければIQが100以上、平均より低ければIQ100以下、という数字になります。

大きく分けて4種類の能力のIQを検査します。それにより、「どんなことが得意でどんなことが苦手なのか」がわかるようになります。

 

AQ

個人の自閉症傾向を測定することが目的の検査

 

バウムテスト

木の絵を描く検査。

心理状態の分析に使われます。

 

以上3つが使われました。

検査の詳しい内容についてはもし、今後検査を受ける方がいた際知らないままに受けた方がいいようですので書くのはやめておきます。

 

検査は医者ではなく臨床心理士の方と二人で行いました。そして、その結果をみて診断は医師がくだすようです。

 

検査自体は淡々と進んでいきました。問題に答えるような時も、それが合っているかどうか等は特に言われません。次々と進んでいきます。

 

発達障害を疑った際、この3つの検査全てが行われるのかどうかは人によると思います。

 

私は先生のカルテを覗いた際に初診時の診断が

自閉症疑いとなっていたのでAQは受けたのだろうと思います。初診時の私の言動などにそれらしき兆候があったのか…それは謎です。

 

もしかしたら私の行った病院では発達障害を疑った際にみんなそれらを受けているのかもしれません。

 

検査費用も保険が効いたので全て合わせても数千円で済みましたが、調べたところによると病院によっては自費診療になり1〜2万円ほどかかる場合もあるようです。

 

検査自体は長時間に及ぶため結構疲れます。検査中の様子などもみられているようだと、後から知りました。

 

途中、「休憩しますか?」と聞いてくださったりもしましたが私は休憩は挟むことなくそのまま続けました。

 

検査を受けた感想としては楽しかったです。

 

もちろんわからない問題等はどれだけ考えてもわからないですし、考え込んだりもしましたが

様々なジャンルの検査があり面白いな、と思った印象です。

 

こんな感じで2日間の検査を終えました。続けて2日ではなく1回目から2回目の間は2週間ほど空きました。

 

発達障害かもと思い始めてからここまで来るのに3ヶ月ほどかかりました。

長かった。

 

もやもやと気になると状態は辛いので、もし病院の受診を迷われている方がいれば、早めに行動しておく方が良いです。

いざ!と思ってから動き出すとそこからが長いです。

 

そして、検査の結果ですが、またまた長くなってしまったので次に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が発達障害の診断を受けるまで(前編)

どーも、アリアです。

 

私が発達障害の診断を受けるまでの経緯についてです。

 

なぜ、病院に行くことにしたのか。

簡単に言うと

仕事で困る事が多発したから。

・仕事の手順がわからない

・優先順位をつけて仕事ができない

・周りをみて自分が今何をするべきなのか判断できない

・同時に二つ以上のことを並行して進められない…等

 

 

私は事務系の仕事をしているのですが電話をとるとか、伝票書くとか、お茶汲みをするような一般事務ではなく、パソコンを使って図面を描いたりするような事務です。

 

最初はパソコンが苦手だから、とかまだ不慣れなだけだ、と自分をごまかしつつ仕事をしていたのですが、後から入ってきた4人の派遣の方たちはどうやら私のようには困らずに仕事を進めていました。

 

後から入ってきた方たちがあまりにサクサク理解しているので、私、おかしいかもと思った事がきっかけです。

 

みんなが一回の説明で理解できるようなことも私には理解できていませんでした。

 

パソコン上でたくさんデータを見ることが多いのですがあちこちのフォルダに移動する

その過程がまず理解できない。どの作業の時にどの資料を見るのかそこが頭の中で繋がらない。

 

でも、どうやらその状況にいるのは私だけ。

 

それからもしばらくは周りの優しさに助けられ

なんとかやってましたが、ある時、自分の困り事をネットで検索した時発達障害という言葉にたどり着きました。

 

そこで発達障害といっても様々な種類があることも知りました。

 

自閉症スペクトラムASD

対人関係・社会性とコミュニケーション能力に困難があり、興味や関心の幅が狭く物事に強いこだわりがあり、柔軟な思考や変化への対処が難しい。

 

例えば、

・他人と視線を合わせて自分の気持ちを伝えるといったことが難しく、人間関係をうまく築けない。
・言葉の発達に遅れや偏りが見られることがある。オウム返ししたり、単語で会話したり、一方的に話をしたりする。
・暗黙のルールが理解できず、集団での共同作業に困難を示す。
・音、におい、痛みなど特定の感覚への反応が過剰に鋭かったり、鈍かったりする。
・同じ服をいつも着たり、必ず同じ順番での作業にこだわったりと、特定のことへの執着が強い。

 

ADHA(注意欠陥・多動性障害)

「気が散りやすい」「集中力がない」「忘れっぽい」「落ち着きがない」「思いつきで行動してしまう」など年齢に見合わない不注意、多動性、衝動性によって学業や日常生活に支障が出てしまう。

感情や行動のコントロールをするのが自分では難しい。

 

例えば、

ケアレスミスが多い
・気が散りやすくて、物事に集中することが苦手。
・やりたいことや好きなことに対して積極的に取り組めるが、集中しすぎてしまう。
・物をどこかに置き忘れたり、物をなくしたりすることが頻繁にある。
・片付けや整理整頓が苦手。
・約束や時間を守れない。
・物事の優先順位が分からない。
・落ち着いてじっと座っていることが苦手。
・衝動的に不適切な発言や行動をする。
・忘れ物や物をなくすことが多く、じっとしていられず落ち着きがない。
・ルールを守ることが苦手で順番を守らない、大声を出すなど衝動的に行動をすることがある。

 

学習障害(LD)

知的発達に遅れは大きくないはずが、読む・書く・話す・聞く・計算など特定の行動が困難になることが見受けられる。

読めるけれど書くことが苦手、算数など特定の科目が理解できないなど偏りが見られることが多い。

 

例えば、

・能力に偏りがあり、たとえば人よりも計算はできるが漢字がうまく書けないなどの様子が見られ、周囲からは理解されずに努力不足といわれてしまうことがある。
・目から入ってくる情報処理がうまく行えず、図形や似たような文字が理解できないことがある。
・文章のどこを読んでいるのかが分からなくなることがある。
・読み書きに他者より努力を要し、疲れやすい。

 

もう少し細かくみていくと種類は色々ありますが、大体大きくこの3つのタイプがあるのかな、という認識です。これらをみた時、なんかどれも自分にそれなりに当てはまるような気がするけど違うこともあると思いました。

 

で、さらに調べていくと発達障害は個人差があり、人それぞれ困り事は違うということも知ります。

 

私の場合、片付けは好きですし、約束や時間も守ることはできます。(それでも美容院の予約等忘れたりしてすっぽかしたことはありました。)

 

なので、全てが当てはまるわけでもないとのことで、あぁ、やっぱりこれは検査するべきだなと思いました。

 

そこで、早速自分が行けそうな距離にあり、発達障害の診察も行なっている心療内科の予約を取りました。

 

ここから、実際に検査を受けるまでに、3ヶ月ほどかかりました。心療内科や精神科は予約が埋まっており、検査まで時間がかかることが多いようなので早めに行動しておくことをオススメします。

 

 

長くなるので(後編)に続きます。

 

aria-minimum.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニマリストに目覚めたきっかけ

 

 

どーも、アリアです。

ミニマリストに目覚めたきっかけをお話ししたいと思います。

 

昔から整理整頓が大好きな子どもでした。

むしろ、これだけが特技。

 

働き出してからお金が自由に使えるようになると、自分であれこれと買い物をして、どんどんモノが増えていきました。

 

それでも、古いものや壊れたものは捨てたりしてある程度は整理整頓していたつもりでいたのですが、買っては捨てる、の繰り返しに気付く。

 

ある時、「そもそも、買い物を必要最小限にすれば、のちに捨てるモノも少ない=お金も使わない。環境にも優しいし、節約になる!!!」

と思い始める。

 

服なんて、そのいい例で。

 

バーゲンを心待ちにし、服が増えた分、収納を買って綺麗に整頓して満足していました。

 

ですが、たくさんの服がなくても生きていけるんですよね。数はあっても出番が少なくなってしまうし結果的にもったいない。そして、沢山あるからといってお洒落に着こなせるわけでもない。

 

気に入って買った服ならたくさん着るほうがいい。大事に抱え込むのではなくて、

あるモノは使ってこそだと思うようになりました。

 

それでも、古くなったらその時はその時。

役目を終えたと考えます。

もしくは、まだ売っているものでまだまだ使いたいモノだったら、新しく買い換えるってのもアリです。

 

飽きがくるようなデザイン性の服もやめて、シンプルな方が何にでも合わせやすいし、出番も増やせる。

その方がいいな、とも思っています。

昔は、ヒラヒララブリーなモノも好きでした。

いや、今も好きではあるんですけどね。

 

また、ADHDの特性により、昔っから忘れっぽい。モノをしまった場所等も忘れてしまうため。そして、すでに持ってるモノをまた、買ってきてしまったりとかね。

 

もったいない!!!!

お金もだけど、場所もとる。

 

掃除の邪魔になるため、お洒落なインテリアや雑貨を買うこともやめました。

またしても、お洒落なものを買ったからといっておしゃれならない…

つまり、センスなし。

お洒落を目指すより、簡単に、シンプルに。

自分に合った生活をしよう。

そう思いました。

 

持っているモノを少なくすれば、管理するものが少なくなり、自分の負担が軽くなる。

ミニマリストって、私に合ってるかもなって思ったことがきっかけです。

 

実家暮らしなので、できることは限られています。基本的に自分の部屋のみの管理です。

 

私の家族はマキシマリスト。笑

たまに、家族のモノを勝手に捨てたりして

バトルが勃発しますが、コンパクトな暮らし良いよ、と押し付けない程度に伝えたいです。

(これがなかなか難しい)

 

そして、実家もモノが少なくなればいいな。と思っています。

 

私はミニマリストを意識し始めて、モノを減らしたことによって気が散る事が減りました。

ADHDのため、多分ふつうの人より集中力が続かないと思うので、気がそれてしまうような暮らしはきっと向いていません。

 

もちろん、モノが多い事が落ち着くって方も

いるとは思いますが、私にはダメでした。

すぐ片付けたくなってしまうし、意識が他のことに向きやすくなる。

 

通信制の大学に通おうと思ったのも、モノを減らして必要なことが見えてきたからだと思っています。

 

一応、すでに大卒なので必要ないかも、と通信制の大学に通うことをずっと先伸ばしにしていました。

 

「行きたい気持ちはあるけど、面倒かも」

「お金もかかるしな」

「仕事との両立なんて無理」

「資格とっても使うとも限らないしな」

どんどん増える自分の中での言い訳。

 

なんか、そんな自分いやだな。

そうして、自分に言い訳することも

すっぱりやめました!

ずっと心に思っていることはなんでも実行した方がいい!人生だって、いつまであるかわからない!よくいいますが本当にそうです。

 

通信制の大学は、テキスト履修が多いので

机に向かって一人で勉強しなければならないわけですが、おかげで集中できる環境が作れています。

 

ミニマリストってすごく良い!!

 

日々、良さを感じています。

モノを減らしてスッキリするだけじゃない良さがあることを実感しています。

 

そしてさらに、必要最小限での暮らしにすることによって、必要なお金も変わってくるわけで。

無理して正社員で働かなくても充分生きていくことができますよね。

 

今のうちにお金をなるべく貯めて

合わない仕事はやめて

もっと自由に、楽しく

ストレスフリーな生活を目指したいな

と思っています。

 

やめたあとはしばらくは大学の勉強に集中するつもりでいますが、そのあたりはまたその時がきたら考えることにしよう。

 

先のことばかり考えて不安になるより

今できることを精一杯

でも、ほどよく頑張って

無理のない生き方をしたいです。