わがままミニマルライフ

実家暮らしのミニマリスト。発達障害(ADHD、学習障害)ありでも、工夫してストレスフリーに生きていこう!

【診断名】発達障害が発覚してから。

どーも、アリアです。

 

発達障害についての記事をいくつか過去に書いてきました。

そして、発達障害といっても種類があるということも書きました。

 

私は、ブログのトップにADHD学習障害がある事を記載していますが、今回は、その診断名がついた時の話です。

 

私は発達障害の診断はついていましたが、種類についてまでは教えてもらえないままでいました。

 

aria-minimum.hatenadiary.jp

 

発達障害を個性としてとらえるという事、それはとても共感できましたが、なんかもやもやっとしたまま半年ぐらいがたち、ある時、やっぱりきちんと診断名がほしい!!とどうしても居ても立っても居られなくなりました。

 

もし今後、発達障害を人に話すことがあった時、きちんと知っていた方が伝えやすいなと思ったという事もあります。

 

たまたま、この半年くらいの間にお子さんが発達障害という方何人かにお会いしたため、その時に私もだよーと話したりはしていたのですが、その時に自分のことについてうまく話せないことが多くありました。

 

ここで、きちっとわかっていれば、人にも伝わりやすいかもしれないなと実感したからです。

(診断名を言えば分かる人にはある程度分かるからです。)

 

そこで、検査をした病院とは別の、発達障害を扱っている病院を探して予約しました。

 

・検査結果だけで診断名がつくようなものではないこと

以上は承知の上で、詳しく知りたいと病院に問い合わせたところ、一度来てくださいとのことでしたので行くことになりました。

 

発達障害は、検査結果だけでの判断はできません。(何かで読んだ記憶があります。)

現在の困り事や、過去の話等(親からの話等)様々なことを含めた上での診断となります。

なので、そこは最初に伝えつつ、どうしても気になるからという旨を病院側には伝えていました。

 

そして、初めての病院に着いて。

 

靴を脱いでスリッパを履いて、受付で保険証を出します。

が!!!

財布がない!!!

 

パニックの私に受付のお姉さんが一言。

「これですか?」

 

靴を履き替える時に落としていました。

 

いつもリュックを使うのですが、靴を履き替え、下を向いた際にカバンから落としていたようです。

 

診察前から、ああ、こういうところも発達障害が関係してるんだなぁと思う出来事でした。

(モノを無くす、忘れるが多い)

落としてなくてよかった。

 

カバンのチャックはきちっと閉めよう。

(閉めたつもりで閉まってなかったと思われます。)

 

何はともあれ、診察です。

 

そこで検査結果を先生に渡し、30分ほど話しました。

 

そして、言われたのが

ADHD(多動のないタイプ)

学習障害(算数)

でした。

 

別の病院で疑いと思われていた、ASDの診断はつきませんでした。

私自身もなんとなくADHDじゃないかな、と予想していたので納得です。

 

私は特有のこだわりなどは多少あるものの、人とのコミュニケーションは難なくとることができるので、やはりASDというのは違うかなと思っていました。

また、算数の学習障害についても納得です。

私が自信を持ってできるのは九九までです。

簡単な足し算でさえ、間違えたりします。

 

そしてさらに、私はIQが低いこともあり、

軽度知的障害

ということも言われました。

 

自分が想像してた以上に悪い結果ですね。

 

発達障害はこのようにいくつか併発していることも多いようです。

 

今回の診察により、もやもやしていたものがなくなりスッキリしました。

きちっと聞いたおかげで発達障害に関しての本を読む時なども、ADHDに特化したものを読むことが増えました。

 

こちらの本はわかりやすいです。

シリーズで色々あります。

図解 よくわかる大人のADHD

図解 よくわかる大人のADHD

 

そしてこれで、発達障害というのがようやく確定したような気持ちになりました。

 

発達障害と知って、特にガッカリしたとか落ち込むというような事もありません。

どちらかというと、ああやっぱりな、です。

 

これからは受け止めて、生きやすい環境を整えていくのみです。

 

そして、どうすれば仕事がしやすくなるか、今は模索しながから仕事をしています。

いつか仕事が変わればやり方も考えていかないといけませんが、現在の状況を書いていますのでもしよろしければこちらもご覧ください。

 

aria-minimum.hatenadiary.jp